この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

資格取得のための勉強を「教える」仕事をしている私は、先日「ラーニングピラミッド」で学習定着率の一番いいとされている人に教える」「人に説明する」を意識した講義をしてみました。

ラーニングピラミッドとは

Wicoでは度々登場している言葉ですが、もう一度ここに記しておきます。

7段階に学習方法を分けられていて、その中でも一番下に位置する「人に教える・説明する」が学習定着率が一番図れるとされていると言われています。その習っている人たちが主体になって教え合う学習を「アクティブラーニング」と言うそうです。

きっかけ

まぁ、もともとこの日は時間もたっぷりあるし、割と基本的な部分は出来てきているメンバーなので、そろそろ簡単な問題よりも難しい問題の方が欲するんではないかと思いまして。だけど、テスト形式ですると「難しい問題」イコール「わからないで片づけてしまうと、あまり学習にならないので3人1組のチーム戦で行うことにしました。これも日頃からコミュニケーションを図っているメンバーだから出来るのかと思い、「なかなかの難しい」問題を用意していきました。

アクティブラーニング前

3人1組でまず行ったこと。それは「チーム名」を決めることですっ。「ゾウさんチーム」とか「ウサギさんチーム」とか、まるで幼稚園と化してしまいました(笑)。「最初からチームで考えるより個人である程度考えて答えをまとめたい」っと、積極的に意見も出て、全員でまずは個人個人で問題を解いていました。そして、ここからが私が教えることのなくなっためっちゃ暇な時間を過ごしていくことになるんです…。

アクティブラーニング中

自分たちで、ある程度の時間で「教え合う」ことが自然に始まりました。実は、3人1組にしたのも意味がありまして…。

問題を処理するスピードを他の人に合わせるようになる

のんびりと、「ん~っ、わからないなぁ~」っと解いているマイペース屋さん。それもそれでいいのかも知れませんが、ある程度の処理スピードがあると、学習定着率はいいかと思っています。マイペース屋さんにはせわしなかったかも知れませんが、会話を聞いていると一生懸命にしゃべっていたから、自然に処理スピードがついていくと思われました。きっとこれが5人とかなると置いて行かれると思ったので、そういう意味もあって今回は少数人数としました。

意見が分かれやすい

難しいレベルの問題だったので、全員一緒になったらそれはそれで安心するのですが、2対1になった時がとても面白かったです。これも奇数だから分かれやすいですもんね。多数派に合わせていく人。自信があるのか一生懸命主張をする人。強引に押していく人。普段は優秀な人が少数派になった時に他の人が説明を求めたりもしててしどろもどろで見ていて楽しかったです。…楽しかったけど…めっちゃ…暇です…。

解いている途中の気持ちを共有できる

よく「新規の問題」イコール「間違えている」問題と思ってしまう人がいてるのです。これは他の知っている問題を確実に覚えていないと言う「自信」がなくて、どうしても初めて見る問題が間違えてるのではないかとついつい思ってしまうからなんです。このことは本番の試験になるととたんに点数が悪くなってしまう人の典型的なパターンなんです。意見を求められた時に「知らないので怪しいと思ったから」を連発してた人は、途中で自分自身のそういうクセに気がつかされていました。

アクティブラーニング後

やっと、採点が唯一の私の出番です。採点をしてあげました。「チームで考えたんやから100点やぁ~!」「こっちには賢い人がおるから完璧やぁ~!」なんて言いながら、渡してきたものを採点してあげたら…「60点(笑)」。…どよめいてました。最後に出してきたチームが「85点」だったので、チーム内で「ハイタッチ」をして喜んでました。

さっ、ここからがもう一度チームでの学習のやり直しです。自己主張して押し切ってた人は謝りながら考えなおし、押し切られてた人は、自信を持って説明をしていました。こういうのもすごく学習効果が上がりそうです。

満点をとって終了したチームは、他のチームに教えに行ってました。先生が増殖していきましたっ!…私は…暇です…。

アクティブラーニング効果

  • 自分の解けない問題は他の人も難しいと感じていることがわかると試験に対してのメンタル面を強化することができる
  • 相手にしっかりと説明するにはちゃんとした知識も持っていないと話せないことに気が付く
  • 処理スピードをつけることができる
  • 一番は自信を持って教えることがどれだけ楽しいかに気が付けたんじゃないかなぁ~。

今後の学習方法

難しい問題を用意することでまだまだ「考える力」をつけないとと思ってくれたようです。チーム戦で行うことにより、楽しかったことが前に出ているので「悪かったから凹む人」は誰ひとりいてなかったです。まだまだ勉強しないとと思ってくれたみたいで、教え合う学習することで知識が向上していくのも実感してもらえたようです。コミュニケーションが出来すぎているためか、気も使わなくて仲良く言い合いもしながら行ってました。「今度、メンバー変えるか(笑)?」っと言っても、「このメンバーでいきたい!」っと言っていました。

次回の予告もしたので、恐らく普段の勉強にプラス次回の範囲も勉強してくることでしょう。「教える」事の楽しさに気が付けば、きっと「教える」ための勉強をしてくるはずです。

自分への課題

今までは、資格の勉強だったので、過去問をベースにテキストとかで学習して「基本」を作ってきましたが、今後「考える学習」にしていかなければと思い、今回は行ってみました。

…という事は…。

  • 私はもっと上のレベルの勉強をしていかないといけない
  • 難しい問題を用意しないといけない

講義中は「超ヒマ」だけど、普段が「超忙しい」ことになりそうですが、やりがいはあるので頑張りますっ!

 

 

The following two tabs change content below.

hama

最近、「趣味は?」っと聞かれたら迷わず「ホームページ作成のための勉強をすること」と答えてしまい、必要以上に説明をしてしまうくらい、久々に夢中になれるものに出会ってしまった気がする。早くホームページを完成したい気持ちはあるけど焦らずに頑張りますっ。

最新記事 by hama (全て見る)