この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

ご無沙汰しております。久しぶりの各ブログ更新になります。

約1ヶ月半ほどブログを停止しておりましたが、その間にWizcoのほうではHTML/CSSコーディングの課題を毎週行っておりました。

デザイン編ではバナー制作など比較的軽い課題でしたが、HTML/CSSコーディングの課題は初心者にとってハードルがかなり高めなので、ブログ課題はしばらくお休みしてHTML/CSSコーディングの課題に集中してもらいました。

コーディング編を終えて

まずはみなさん、お疲れ様でした。HTML/CSSではいろんなタグやコードを覚える必要があるのですが英語の単語帳のようにタグを単体で覚えてもなかなか身につきません。

CSSの画像

Wizcoで出した課題で多少はコーディングのスキルを身につけることは可能ですが、それでも学習定着率が高いとは言えません。

やはり、自分が作りたいものを試行錯誤しながら作り上げるのが一番身につくのではないかなと思います。

初心者がつまずきやすいfloatやposition、flexboxの基本なども学習しましたが100%身についているとは言えないでしょう。

ここからは、実際の案件を実習としてこなしながら、チームで取り掛かることに寄って学習を定着させたいと思います。

制作実習について

通常の職業訓練やスクールでは、一通り基礎を学んだら実習の段階に入りますが、その際に個人個人での制作実習になります。

たしかにそれでもいいとは思うのですが、僕は何かを学んでいるときだからこそ「チームで学ぶべき」だと思います。

これについてはチームラボの猪子氏の話がすごく参考になったので、ご覧ください。

「宿題もテストも“班”でやらせろ」チームラボ猪子氏、“社会の要請とはまるで逆”と学校教育を批判

僕自身はフリーランスでひとりでやっていますが、実際WEB制作の現場はチームで仕事をするケースのほうが多いです。

また、チームでディスカッションしながら進めることによりお互いに刺激を受けあったりフィードバックを送り合ったりすることによって、どんどんスキルアップします。

なかなかチームで仕事をするというのは難しいことですがWizcoの実習では、チームで実習に取り掛かろうと思います。

なお、実習の制作については、婚活カウンセラーの方に協力いただいて、婚活カウンセラーの方のWEBサイト制作を行います。

ヒアリング実習

さて、先週は実習を行うために婚活カウンセラーの方にWizco会員でヒアリングを行ってもらいました。事前に僕と婚活カウンセラーの方で、すでに戦略などは固まっておりましたがこれも学習ですのでWizco会員にゼロからヒアリングをしてもらいました。

ヒアリングの結果、今回WEBサイトの制作を行う目的は「集客」です。

集客を目的としたWEBサイトの制作ですが、婚活カウンセラーの方から最初要望として聞いていたのは「ブログ形式のWEBサイト」でした。

たしかに、定期的にブログを投稿することに寄って集客を目的としたSEO対策に効果がまったくないというわけではありませんが、ライティングやSEOのプロでない方が作り出すコンテンツで集客を狙うのは、かなり難しいと判断。

コンテンツマーケティングでがっつり集客に力を入れたWEBサイト制作を行うと予算が全然足りないということに。

このあたりのWEBマーケティングについてはWizco会員は、ほとんど知識がないので仕方ないですが「集客」を目的としたWEBサイトを作りにあたって、どんな戦略を考えた来のかというところまで来て行き詰まりました。

そこからは僕がサポートし、現状の課題、集客、予算、これらのことを総合的に考えてLP制作し、リスティング広告をかけるという戦略に決定しました。

細かいキーワードをどんなワードで出すかなど、LPを制作したあとの話はのちほど考えるとして、まずはこのLP制作をチームで取り掛かろうと思います。

ちょっとまだ迷っているのですが、LPを制作について経験もスキルも様々なメンバーに対してどのように役割や担当を割り振って、どのような流れで進めていくのか、どんな方法がベストなのかまだ考えている途中ですが、全員にとってよい経験とスキルアップにつながるようにベストな進め方をしていきたいと思います。

The following two tabs change content below.
WEBDAデザイン 岡田
枚方市在住のフリーランスWEBデザイナー。 様々な業種のWEBサイトの制作から印刷物、スマートフォンアプリのUIデザインも手がける。 ITコミュニティースクール Wizcoの主宰。 WEBDAデザイン