この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

PCを持参したものの、足の上に置いて入力する自信がなく、ノート書く書く。
書くのは好きなんですけどね。

憧れます笑。

Neo smartpen 欲しい…。
サンタさん、お願いします(^ ^)!

第一部(無料)「これからのWebデザイナーに必要なものと心構え」

・Webデザイン
・進行管理とマーケティング
この2つはこれから分ける会社が増えていくであろう
・海外への外注
・日本ではfreelancerなどの外注に特化したWebサービスあるが、海外にはもっと大きなWebサービスがある

→仕事を取ろうという貪欲さが、日本人にはあるのか

依頼を待ってるだけのデザイナーさんは淘汰されていくのではないか

じゃあWebデザイナーって何をするの?

これからのWebデザイナーの仕事
・分析・調査
・提案
・プロトタイプ作成
・インターフェイスデザイン
・フロントエンドコーディング
・CMSカスタマイズ
・テスト

→これからのWebデザイナーは「UXデザイナー」となるであろう
実際「UXデザイナー」での企業募集が増えてきている

Webデザイナーとして今すぐできること

コミュニケーション能力
デザイン思考
プレゼンテーション能力

デザイナーとしての意見を言う
ユーザー目線を忘れない
否定せず、依頼どうりにするとどうなるか説明する

 

実は、これら全部、Wizcoで岡田さんからすべて学んでいること

…と、我らが先生を持ち上げておきます笑!

第二部(有料)『最新Webサイト制作トレンドと、その実装方法』

プロトタイプ制作のススメ
今までのワイヤーフレーム作成では、クライアントに対してユーザー体験の説明がしづらくなってくる。←アニメーションの増加。操作性が不明確。

動きのあるワイヤーフレームが、これからは必要。
・Adobe XD 岡田さんから学んだばかりの便利ツール
・Prott 日本製で海外でも使われている
・invision 海外で人気

→プロトタイプはコミュニケーションの補助ツール

後半はManaさんが実装されるのを、大型モニターで。
・CSS最新テクニックと対応ブラウザ
・Photoshopの操作

補色色相配色→ビビット色は最近の流行り

ビビット色の補色は海外で流行っている。
補色の境目は、ハレーションを起こしてしまう。→明度・彩度の調整する。グラデーションにする。
他の色は無彩色にするとかっこよくなる。

 

『プレゼンテーション能力不足』
私には特に課題なので、再確認できたセミナーでした。

 

フリーランス1100万人時代、支援サービス広がる

日経新聞の記事から気になったものです。

「働き方改革」の一環で政府も後押しする中、フリーランスの抱える不安に対しての記事。
フリーランスだからこその休業保障の保険や、育児中のフリーランスの女性を支援する動きなど。
税制面でもフリーランスへの議論が、政府でなされてる…などなど。

少し前に岡田さんがしてくれたセミナー。2020年東京オリンピック『テレワーク・デイ』。

政府よ、頑張ってくださーーーーい!
フリーランスの方々って、ものすごく勉強されて努力されてる方ばっかりですーーー!(多分w)

The following two tabs change content below.
YON

YON

Wizco・WEB制作コース第一期生。 45歳主婦・4人の子供をもち「もっと時間がほしい」といつも願ってる。 目指すは友達のエステサロンのWEBサイト制作! 趣味はパステルアートと習字。