この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

デザイン能力をもっと高めたいので、Webサイトの模写を個別課題としてがんばってもらおうと思いますー!

と、岡田さんからメールが…。
デザイン力を高めるには模写がいいという記事を読んだことがあり、その時は『やるぞ!』と燃えていました。(が、いつかやろうと後回しに…。)

とにかく、ありがたーーーい!(けど、どんだけ時間かかるんや???)
とにかく、手を動かしてみよう。

Photpshopで初めての模写

学生時代を思い出して(模写は大好きでした)、下書き線を引いていくと…。

薄い水色の線「ガイド線」だらけになりまして…。(もっともっと増えていきました)
『まぁ、なんと手間のかかる作業や。早めにやっててよかったぁ。』

と思いながら、なんか方法あるよなぁと疑問に思いながら…。
と、そこでheijiさんに聞いてみました。
『ガイド線いっぱいで、ややこしくなりません?前、なんかheijiさんが言ってたような気がするんですけど…』

教えていただいたのはコレ↓。

Chrome拡張機能の「Full Page Screen Capture」

なんと、Webページ全体を一つに保存してくれる優れものでした!


いつもみているPintarestコレだったんだ!と感動しまして。

課題のWebサイトをFull Page Screen Captureでスクショ。Photpshopのレイヤーへ。

・ファイル
・埋め込みを配置
・スクショを選択
・レイヤーに「スクリーンショット〇〇」→私はレイヤー名を「見本」に変更しました。
・アートボードの大きさに「見本」を拡大して、アートボードに重ねる

この「見本」にレイヤーを重ねていきました。
「見本」の不透明度を上げたり下げたり、目のマークで消したりして、確認しながら作業を進めます。

下書き線を引く手間が省けた私は、楽勝やーーーん!と思ってしまいました…。(割とやる、いつもの悪いクセです)

この模写の目的は『デザイン力を高める』こと!忘れてたでしょ。
便利だった、真似したら終わり、ではなかったのです。

模写をしたら、なぜデザイン力が高まるのか?その理由は次回に続きます♪( ´▽`)

 

 

The following two tabs change content below.
YON

YON

Wizco・WEB制作コース第一期生。 45歳主婦・4人の子供をもち「もっと時間がほしい」といつも願ってる。 目指すは友達のエステサロンのWEBサイト制作! 趣味はパステルアートと習字。