この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

〜Webサイトの特徴〜

Webサイトって、ユーザーのため。を、意識していこう。

アピールがわかりやすい・クリックしやすい・目的にすぐたどり着くなど、ユーザーが操作しやすい画面にする。そしてユーザーは、常に新しい情報を求めてるため『更新する』事も大事。

私自身、ユーザーなので、客観的な考えを持っていこう。

〜Photoshop実習〜

ヘッダーエリアのレイアウト

・一番上の『タグライン』文章入力 ←『タグライン』って何?

・ロゴをファイルから挿入

・『グローバルメニュー』ホーム、新着情報など入力 ←単語ずつ入力はなんで?あとで揃えるの手間や〜ん(>_<)

『メインビジュアル』←メインになる写真をレイアウト

・画像は、スマートオブジェクトに変換する ←画像劣化しないから

リンクエリアのレイアウト

・最もアピールしたい3つ ←作成しておいた3カラム構成のガイドライン

・正円 ←shiftキー押しながらドラッグ

・楕円形ツール・塗り(最初に作成したカラーにスポイドする)・シェイプで数値入力

・⌘Jで2つ複製したら新たなレイヤー2つできる

・左端のガイドラインに、正円1つを合わせる ←ガイドラインにピタッと正円が張り付く感じは、設定がちゃんとある。

〜今までのおさらい〜

ショートカットキーを思い出せなくて、操作の手が止まる。アシスタントさんは、わざと考える時間をくれる。でも、思い出せない(>_<)・・・って、覚えてないってことや〜ん!

って事で、実習を最初からやってみた。

きっと5分で教えてもらった作業を、50分かかった。が!落ち込まないのが私のスゴいところかも(笑)。これを繰り返せば、実習ペースについていけるんじゃないかと自信が出た。(・・・たぶん)

The following two tabs change content below.
YON

YON

Wizco・WEB制作コース第一期生。 45歳主婦・4人の子供をもち「もっと時間がほしい」といつも願ってる。 目指すは友達のエステサロンのWEBサイト制作! 趣味はパステルアートと習字。