この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

※アイキャッチはHarakitさんのものを再利用しました。

デザイン編もそろそろ一区切り

WizcoのWEB制作コースですが、いよいよPhotohopを使用したデザイン編も終わりがみえてきました。

約2ヶ月ぐらい教科書をベースにしながら進めてまいりましたが、やはり一番最初のころと比べると全員かなりの成長がみられます。

Photoshopの基本的な使い方はひととおり習得できたはずなので、あとは実習を通して制作物を作りまくる「経験」を貯めこんでいくことになります。

Photoshopのアートボード使いにくい

個人的にPhotoshopのアートボードは、積極的に使いにくいと考えております。Sketchやイラストレータなど他のデザインツールに比べてレイヤー操作が直感的でないため、アートボードが増えることにより更にレイヤーが複雑になってしまいます。

また、アートボードごと中身のレイヤーも複製したときにレイヤー構造に異常がおきてしまったり、おかしなことになったりします。

講義で使用している教科書も複製によりレイヤーが崩れること前提で書いてありましたw

PC用やスマートフォン用のデザインカンプを制作するときは無理に1つのpsdファイルで行わずに2つのpsdファイルにわけてしまったほうがいいと僕は考えます。

そしてPhotoshop少し重いですからね・・・。

デザインカンプでなくていくつかのサイズのバナー制作やメインビジュアルを制作するときには、このアートボード機能は便利かなと思います。

実践課題

いままで毎週バナー制作を行っておりましたが、これまではこのWizcoのブログに掲載する用や僕のWEBサイトに掲載する、内部的なものがほとんどでした。

しかし、今週からはちょうと報酬ありのバナー画像制作の相談があったので、それを全員で作ってみることにします。

来週も同様の実習バナー制作になりそうなので、ここはひたすら経験を積む&他の人の制作物をみていいところをどんどん参考にしてもらえればと思います。

5月からの予定について

5月からですが、デザイン編がおわりHTML/CSS編がはじまります。

デザインより、むしろこっちのほうが僕の本職なのでいろいろ受講生のみなさんにもいい指導ができるのではないかと楽しみです。

その他には5月のGW中は僕の知人である高橋さんが運営するWEB制作スクールCreators  Factoryの方と交流会を行う予定です。

そして、5月から宣伝用のPVの細かい制作にも移ります。

5月も楽しみです!

 

The following two tabs change content below.
WEBDAデザイン 岡田
枚方市在住のフリーランスWEBデザイナー。 様々な業種のWEBサイトの制作から印刷物、スマートフォンアプリのUIデザインも手がける。 ITコミュニティースクール Wizcoの主宰。 WEBDAデザイン