この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

先日、STRAMD OSAKAの公開シンポジウムに参加してきました。

STRAMD OSAKAとかざっくりいうと「デザイン思考」「経営戦略デザイン」を学ぶことができるニュービジネススクールです。

僕は現在WEBデザイナーとして様々なWEBサイトの制作やお客さんのコンサルティングをしています。

多くのお仕事をしているなかで、見た目のデザインはもちろん、WEB戦略からHTML/CSSでの構造の作り方などいろいろなことを考えることがあるのですが、この「考える力」「新しいものを生み出す力」「課題解決力」「感性の重要さ」は、ただ単なる意匠の世界に留まるのではなくて、もっと大きな戦略や仕組みの改善など見た目以外のことに活かせるのではないかと考えておりました。

まさにSTRAMDでは、「デザイン思考」「経営戦略」について学べるということで、自分についていけるレベルの話であるかとても不安でありましたが去年2016年に思い切って参加しました。

主宰の中西元男先生の運営するPAOSが実際に手掛けた事例を具体的に聞けたり、様々な年代や会社、立場の人を交えてのグループワークなど大変勉強になりました。

今回のシンポジウムでも大変身になるお話を聞くことが出来ました。細かい話は省略しますが、80歳になる中西先生「IOT」「Ai」の重要さを語っておられましたが、高齢にも関わらずこのようなキーワードが出てくるとは、いまでも新しいことを勉強しておられるのだと感服いたしました。

デザイナーからデザイニストへ

最近よくよく思うのですが、自分の肩書を変えようかなと思っています。

現在はWEBデザイナーと名乗ってはいるのですが、実際にはWEBサイトのデザインはもちろん、ブランディングのアドバイスやITコンサルティングなど、創るだけでない総合的な「デザイン主義者」として活動しないといけないなと実感するとともに、そのように現在試行錯誤しながら活動しているつもりです。

デザイナーからデザイニストへ。

初めての方には「え?どういうこと?」と言われると思いますが、その都度きちんとした説明と実績を示してデザイニストの肩書が定着するように勇気を出して名乗ってみようかなと思います。

金を残すは下、仕事を残すは中、人を残すは上

中西先生もよくおっしゃっており、僕が最近響いたことばです。

やはり、これからはただただ金を残すだけの仕事は極力控えたいと思います。

特に「人」を残す仕事。まさにこのWizcoがそうですが、人を育てて残す事業にこれからもっと力を入れたいと思います。

WEB制作はもちろん、ITの活用方法はまだまだ必要です。

これから気合を入れてがんばります。興味のある方はぜひお問い合わせ下さい。

The following two tabs change content below.
WEBDAデザイン 岡田
枚方市在住のフリーランスWEBデザイナー。 様々な業種のWEBサイトの制作から印刷物、スマートフォンアプリのUIデザインも手がける。 ITコミュニティースクール Wizcoの主宰。 WEBDAデザイン