この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

皆様「グッとくるデザイン」してますか??
今週20日火曜日は、AdobeMAX参加の為、横浜に行っておりました。
AdobeMAXの内容については、今日のWizco、それから個別にBlogを書こうと思います。
https://maxjapan.adobe.com/archive/2018/
こちらのURLからも動画のアーカイブが見れますので、是非チェックしてみてください!

さて、今回がでざいんぶのアイキャッチ制作の最後の課題です。
今回も前回に引き続き、雑誌の表紙風に作ってみました。
Instagramにアップするときは、全体を作ってアップしようと思います。

なぜこのアイキャッチを作成したのか?

前回と同じなんですが、12月からInstagramで1日1個制作物をあげる事をするので、そのストックを作る為です。
今回はメンズの雑誌風にしました。

制作手順

1、まずは画像を選びます。
ファッション系の画像ってなかなか無いので大変なんですが、良いサイトがあります。
https://unsplash.com/
ここのサイトは、良質な画像がたくさんあがっていて、良いです。
(規約を読んで使用して下さい)

2、今回、画像が良質すぎて、何も加工はせず、そのまま使っています。
参考画像があって、それに沿って文字を入れています。

ポイント

字体を選ぶときに、10月のアップデートで追加された「マッチフォント」を使用しました。

【使い方】
・参考画像のレイヤーを上に持っていきます。
・書式→マッチフォント
・ボックスが出てくるので、見つけたいフォントのところに配置します。
・テキストオプションに「欧文」と「日本語」があるのでどちらかを選択します。
・フォント名を選択すると、Photoshop上部のフォント名が変わるので、「OK」を押します。
・フォント名をコピーして、変更したいレイヤーのフォント名の部分にペーストします。

便利!便利過ぎます!
https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/how-to/match-font-image.html
こちらから、詳しい動画が見れますので、是非使ってみて下さいね!

デザインの意味

今回はメンズの雑誌風に作成したかったので、画像を探しました。
とりあえず、画像を選んで、「50’sっぽい!」と思って、文章も考えたという感じです。
うーん、作業的には難しくはないんですが、画像見つけるのが大変ですね…
だれかモデルになってくれないかな…

まとめ

10月のアップデートで、便利機能が増えたので、皆さんに紹介したいですね~
あとやはり、AdobeMAXはクリエイターとしても勉強になったのと、
イベント運営についても学んだのでシェアしたいです!
また次回書きたいと思うので、チェックしてみて下さい!

The following two tabs change content below.
heiji

heiji

服屋など接客業を経て、現在はWEBデザイナー、コーダーをしています。ユーザーが見やすくて、迷わないWebサイトを心がけてます!楽しくてふざけた事が好きです!ゲーム、マンガ、旅行が大好きです!そして、万年ダイエッターw