この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

SEOに弱いタイトルでごめんなさい…!
今日はこれからのインスタの雑感をご紹介します〜。
ここ1-2年くらいでSNS関係の案件が増えたような…。
そうした案件をする中での雑記ですー。

インスタグラムでも動画元年?

まず紹介したいのは、ファッションブランドDiorのインスタアカウント
なんてったって、動画が美しい…!
バッグの制作過程は見惚れるほどでした。
使い心地を紹介する動画ではなく、メイキングを見た方が欲しくなる…_φ( ̄ー ̄ )

2016年頃から毎年「動画元年」と言われ続けています。
2020年の5G実用化に向けて動画がさらに盛り上がってきそうですね。
最近は私も、ハッシュタグ検索しても動画の投稿を中心に見ることが多くなりました。
ということで、インスタグラムがVimeo(https://vimeo.com/jp/)のようなプラットフォームになっていくのかもしれません。

直近6枚の質でフォロワー数が決まる?

「そのアカウントをフォローするかどうかは3秒で決まる」。
どこかでそのような記述があった気が。
ということで、画面に映る直近6枚のビジュアルが大事だそうです。
白水桃花さんのアカウントは、見た瞬間「綺麗!おしゃれ!」って思うほど。
彼女独自のフォロワーの増やし方もnoteで販売しており、読んでみてとても勉強になりました。
「いかに世界観を作るか」が、フォロワー増のポイントみたいです。

インスタ=読み物?

インスタ=写真というイメージはそろそろ変わってくるのかもしれません。
最近目立つのが、写真+文字の投稿。
例えば、収納情報に関して写真と共に
「見たい人はスワイプ」
と書かれていて、スワイプすると次の画像に説明文が載せられている、という感じ。
「文章ならキャプションに書けば良いじゃん」
と思う方もいるかもしれません。
が、インスタのキャプションって、文字が小さいせいか、300文字以上あると読みにくい…。
そのため、サービス内容や商品紹介もバナー作成みたいに画像としてインスタに投稿した方が読まれるかもしれません。

いかに、お客様と深くつながるか

続いて紹介したいのが中川政七商店のインスタアカウント
SNS文章の依頼で「こういう風にしたいです!」という要望が多いアカウントの一つです。
中川政七商店さんは、くまもんでも有名な水野学さんがブランディングを担当していることでも知られる生活雑貨ブランド。
SNS担当の方いはく、「いかに、お客様と深くつながるか」を重視しているそうです。
(参照: https://sns4biz.com/column/3313)
「フォロワーは増えたが、売上が上がっていない」というのは避けたい事態…。
ただ、「コミュニケーションの深さ」をどう測るのか、が難しいですね(_ _).。o○

インスタグラム自体がECサイト化?

最近は、情報を検索するのにGoogleやYahoo!といった検索エンジンではなく、SNSを利用する女性が増えているそうです。
(参照 https://fashionmarketingjournal.com/2016/05/trenders-snsdata.html)


先日、今年イタリア旅行に行った友人が
「ホテルも観光する場所も、全部インスタで決めた」
と言っていて、インスタの勢いの強さを感じたところです。
で、そうしてインスタで検索した後に購買に繋げる、といった流れを後押しする機能が2017年にリリースされました!
それが「ショップナウ」
この機能を使えば、投稿した商品写真に購入ページへのリンクを貼ることができます。
インスタグラムのキャプションは、URLを記載してもリンクが反映されないので、この機能はとても有難い…!
ただ、一般ユーザーがショップナウを使うには審査があるそうです。
以前は、
投稿写真→商品気になる→プロフィールページに移動→サイトURLクリック→さっきの商品探す
といった工程が必要でしたが、ショップナウを使えば
投稿写真→商品気になる→写真クリック
で購入ページにアクセスできます。
この機能が浸透すると、インスタグラムが巨大なECサイトのような存在になるのでしょうか…?

おわりに

やはりまとまりの無い文章になってしまった…!
まとめると、
・動画投稿が伸びる
・直近6枚のまとまりがフォロワー増に繋がる
・インスタが読み物化している
・フォロワー数よりもコミュニケーション密度を重視する
・ショップナウ機能がイイネ!

という話です。
2019年、上記を意識しつつインスタに力を入れていこうかなと考えております(`_´)ゞ

The following two tabs change content below.
山ちゃん

山ちゃん

スピーチライター兼デザイナー(プレゼンスライド、図解、ポスターなどなど)。 趣味は、ライブに行くことと絵を描くことですー。