この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

こんにちは、山ちゃんです。
読んだら読みっぱなし…。
この習慣をなおすために、読んだ本の紹介をこのブログでおこなっていきます。
週1くらいの頻度で。
図を作る練習にもなりますしね。

『フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法』

今回は、Wizcoの講義でも岡田さんが紹介されていた
『フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法』
です。
著者はフリーランスで、コンスタントに年収1000万円を稼いでいる山田竜也(やまだ りゅうや)さん。
webマーケティングが専門で、他にもイベント運営や広告運用で収入を得ているそうです。
こう書くと「順風満帆じゃん!」と思われるかもしれません。
しかし、山田さんも実は

・自己破産寸前
・うつ病発症
・2年間の療養生活

といった「おぉ…」という経験をなさっているのです…!
そのような中で身につけた「フリーランスで稼ぐ術」が、この本には47個も記されております。
仕事の探し方や、法人になるかどうか、ストレス解消法などなど。
全部紹介したいところですが、そこはもう
「山田さんの本、買って読んでください!」
って感じなので、

  • フリーランスになる前
  • フリーランスになってすぐ

に知っておくと便利だろうなという内容を3回に分けてご紹介します。

人生の優先事項を数値化する

第1回目は、この本の冒頭に書かれているワーク「自由の優先度の数値化」をご紹介します。

「フリーランスは自由だ」
と言われることが多いです。
自由=選択肢が多い
と考えると、その選択によっては

  • 幸せなフリーランス
  • 不幸せなフリーランス

に分かれてしまいます。
山田さんいはく、両者の違いは紙一重。
そのため、より良い選択をするために
「自由の優先度の数値化」
を推奨しています。
やり方は簡単。

  • 時間の自由
  • 仕事の裁量の自由
  • 収入の自由

それぞれの項目に計10点(又は100%中の割合)で点数をつけます。

これらの優先度を客観的に見ることによって、
自身の価値観に沿った選択ができるようになります。
その結果、「幸せなフリーランス」に近づけるそうです。
山田さんの回答は以下の通り。

 

  • フリーランスになって収入は増えたものの、忙しすぎてストレス溜まりまくり
  • 融通が効く案件だけど、報酬額が低くて、これからが不安…

といった事態に陥らないためにも!(自戒、自戒!)
ぜひ、やってみてください^^

次回は「フリーランスとしての自分の戦闘力を知ろう!」です〜。

The following two tabs change content below.
山ちゃん

山ちゃん

スピーチライター兼デザイナー(プレゼンスライド、図解、ポスターなどなど)。 趣味は、ライブに行くこととSF作品を観ることです。 最近のオススメは『AIの遺電子』(2018年3月)