この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

先日は枚方のすぐ近くで大きな地震がありました。

このブログをご覧いただいている皆さんは大丈夫でしたでしょうか?

地震があった当時、僕は寝室で寝ていたのですが、突然のものすごい大きな地震によって布団から起きました。
急な地震だったので何もすることができず自分の命を守ることで精一杯でした。

大きな地震を経験したことがなかったのですが、今回大きな地震を経験して、いま死んでしまうのではないかと言う恐怖を感じました。

幸い揺れは10秒程度ですぐに終わり、自分の住んでいるマンションが倒壊するなどはなかったのですが、再度大きな地震が来る可能性もあり、このままでは危険を感じたのですぐにへ避難をする決意しました。

幸い大きな仕事の打ち合わせとか用事がなかったので1週間ほど地方へ避難しました。

同じ大阪の枚方でも住んでいる地域によって被害や温度感はまちまちでしたが、僕の家は震源地から数キロだったため特に被害が大きかったようです。

自分の家について、寝室は大きな被害はありませんでしたが、それ以外のキッチンは食器が数多く壊れてしまいました。
作業部屋については置いてある本がほとんど倒れました。

Wizco Spaceは壁の本などが倒れたり陶器が割れたりしました。

今回で水道が一時的に止まったりして、ライフラインが止まったときの対策を普段からしておかないといけないなと実感しました。

食料の備蓄はもちろん、最低限1週間は生きていける生活道具の確保は必須だと思いましたので、今回の教訓をきっかけに自分の防災意識がだいぶ強化されました。

南海トラフで一番警戒しないといけない、津波の恐怖

今回の地震をきっかけに、最近未来に起こるとされている南海トラフについて個人的に調べてみましたが、南海トラフで1番怖いのは津波です。

僕が住んでいる枚方には、津波が到達することは無いのですが、大阪市内に出かけている時が怖いですね。

調べたところ、地震発生から1時間50分後に、大阪市内の本町付近まで津波が浸水可能性が想定されています。

南海トラフの死者の想定は、ほとんどが津波によるものです。
もちろん落下物や建物の倒壊には気をつける必要があるのですが、1番死んでしまう確率が高いのは津波です。

もし大阪市内に出かけているときに大きな地震が発生したら、落ち着いて冷静になり、頑丈そうな建物の3階以上の高いところに避難してください。

また津波は1回引いても何回かやってきます。
警報が解除されるまでうかつに地上に降りないようにしてください。

 

この記事は初めて音声入力で書いてみました

ちなみに今回初めてこのブログの記事は音声入力で書いております。

100%正確では無いのですが、キーボードで入力するよりかは随分と楽にブログを書くことができました。

ちょっと恥ずかしいかもしれませんが皆さんもぜひいちど挑戦してみて下さい。

The following two tabs change content below.
WEBDAデザイン 岡田
枚方市在住のフリーランスWEBデザイナー。 様々な業種のWEBサイトの制作から印刷物、スマートフォンアプリのUIデザインも手がける。 ITコミュニティースクール Wizcoの主宰。 WEBDAデザイン