この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

色彩の商標登録がスタート

今回から知識の定着も兼ねて、デザイン、webに関してのニュースを1分で読める量で要約していきます〜。1回目は「色彩の商標登録」についてです。

1分まとめ-色彩の商標登録-

2015年から、色彩の商標登録が可能になった。
しかし登録基準が厳しいため、現在登録されているのは、4件のみ。(セブンイレブン・ジャパンや消しゴムのMONOなど)
セブンイレブンジャパンは、ロゴに使われている色彩の意味や継続年数を主張したものの、「立証が足りない」と1度却下されている。その後アンケートを取り、消費者の9割以上が「あの色を見るとセブンイレブンと識別する」と回答。これにより2017年に商標登録された。
海外ではティファニーブルーなど、単色での色彩商標もある。
なお、類似配色を使用すると賠償請求される場合もあるためデザイナーは注意が必要。

【ポイント】
・色彩での商標登録には裏付けが必要(デザインの意味など)
・あるブランドを想起させる配色を使う際は注意が必要

参考URL

初めてだったらここを読む~商標出願のいろは~
セブン、MONO…「色だけで商標」の魅力と高い壁
色彩の商標登録狭き門 申請500件中わずか7件
色彩のみの商標登録の三番手はあの会社のあの色

The following two tabs change content below.
山ちゃん

山ちゃん

スピーチライター。 主にプレゼン原稿やビジネス資料を作っています。 最近は住宅に関する記事も執筆中。 趣味は、ライブに行くことです。