この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

速筆と言われている作家の森博嗣(もりひろし)さん
1時間に6000字書き、小説はだいたい2-3週間で書き上がるそう。
森先生の書き方の特徴としては、

  • 10分単位で書く
  • 調べながら書かない
  • 人の文章を添削する
  • 映像で考える

が挙げられます。
私自身、森先生の書き方を参考にしてから、書くスピードが1時間あたり1000字は上がったので、ぜひぜひ見てみてください〜。

10分単位で書く

森博嗣さんは、10分ごとに文章を書くそうです。
その後休憩を挟んで1時間分(6000字)執筆するそう。
これを森さんは「集中しない力(分散力)」と語っています。
仕事効率化のトピックでも「ポモドーロテクニック」という名前で知られています。
25分作業をして、5分休む。
このサイクルを繰り返すことによって、

  • 集中力が途切れにくい
  • 疲れにくい

というメリットがあるのだとか。
私の中では、このやり方が1番合っていました。
仕事をするときは、タイマーをかけて、10-20分ごとに休憩しています。
ツールは、「タイマーWEBアプリ」を使っています。

調べながら書くのを止める

森さんいはく、「調べずに、頭の中にある知識だけで書いているから速い」とのこと。
私はそういう風にはできなかったので、書き始めてわからないところは

  • ???
  • ******

といった印をつけておいて、後で調べるようにしています。
たとえば、

ビジネスマンの仕事での悩みは、人間関係が***%を占め、増加傾向(???)にあるようです

と一旦書いておき、最後にそれぞれの項目を調べると、効率的です。
あと、森博嗣さんの小説の書き方として特徴的なのが「最初に犯人を決めない」こと。
半分くらいまで書いて、「こうしよう」と構成を練るそうで・・・。
同じく速筆と言われる西尾維新さん(1日2万字以上)も、ラストを決めないとインタビューで話しています。

「小説を書くときは、「どんな終わりになるだろう?」と、僕自身結末が読みたくて書いている」
とのことなので、凡人と天才の差を痛感するエピソードでした・・・。
ちなみに、西尾維新さんは、尊敬している作家として森先生を挙げているので、そういう関係も見えて面白かったです。

他の人が書いた文章を添削する

森先生が小説を書くのに役立ったこととして挙げているのが「他人の文章を添削していたこと」です。
元大学教員なので、学生の論文をよく添削していたそう。
私も大学で文章添削のバイトをしていたので、そのときに

  • ここは、こういう言い回しの方がわかりやすそうだな
  • 文章の構成はこっちの方が読みやすいだろうな

と、色々学べた気がします。

映像をイメージして書く

ここまでの3項目は、なんとか実践できるものでしたが、私がまだ出来ていないのが「映像をイメージして書く」という方法。
森博嗣さんは、「小説を書くときに頭の中に映像が流れていて、それを見えたまま文章にすればいいので、迷わず書ける」みたいなことを書いていました。(出典忘れ・・・)
で、物理的に1時間6000字なだけであって、もっと速く指が動くのであれば、より多く書けるとのこと。
また、「BLEACH」の作者・久保帯人先生も速筆で、「頭の中で映像になっているのを、漫画にするだけ」とインタビューで言っていたような・・・。
このように、映像思考が文章や漫画を速く書くコツなのかなと思いましたー。

おわりに

今回は、森博嗣先生を参考に速く書くコツをご紹介しました。
コツは、

  • 10分単位で書く
  • 調べながら書かない
  • 人の文章を添削する
  • 映像で考える

の4つ。
どれか1つ試してみるだけでも効果あると思うので、ぜひ!

The following two tabs change content below.
山ちゃん

山ちゃん

スピーチライター。 主にプレゼン原稿やビジネス資料を作っています。 最近は住宅に関する記事も執筆中。 趣味は、ライブに行くことです。